出産した産婦人科を教えてください。

産婦人科名:長野赤十字病院
住所:長野県長野市若里5−22−1
電話番号: 026-226-4131
サイト:http://www.nagano-med.jrc.or.jp/

長野赤十字病院産婦人科を選んだ理由を教えてください。

私が赤十字病院を選んだ最大の理由はNICSがあるから
NICUとは新生児特定集中治療室のことで、生まれたばかりの赤ちゃん専用の集中治療室のことです。

万が一出産時にトラブルに見舞われてしまったとしても、ここなら緊急搬送するまでもなくワンストップで対応してもらえると思ったからです。

検診で問題が見つかったわけではありませんので、そこまで神経質にならなくてもよかったのかもしれませんが、初めての出産だったので何か問題が起きてしまったらどうしよう。と言う不安をずっと抱えていたので、日赤にしました。

長野赤十字病院の定期検診の待ち時間はどれくらいでしたか?

待ち時間:早くて30分、長いと1時間半程度待つことがありました

長野赤十字病院の定期検診と出産費用を教えてください。

定期検診の費用:市からの補助で無料

出産費用:差額のみで96000円

長野赤十字病院産婦人科の口コミをお聞かせ下さい。

NICUがあると言う理由で日赤を選ぶ方が多いこと、また検診中に問題が見つかり日赤へ転院してくる方がたくさんいました。
そのため個室を希望しても、ほとんどは問題のある妊婦さんが優先されてしまい、問題のない人は3~6人部屋のいずれかに入ることになります。

出産後しっかり眠りたいのに、もしかしたらいびきをかいてしまうのではないか、といろいろ気になり、「ここはお互いさま!」と割り切るようになるまで時間がかかりました。

その他、お風呂が個室ではなく2人同時に入れるお風呂だったので、食事の時間や面接開始直後等のタイミングを見計らって入るようにしていました。
設備はそこそこ古いのですが、きれいに掃除されているので、不快感はありません。
また食事は和食中心でしたが授乳と体力回復のためかかなりのボリュームがあり、退院後の食事量の参考にもなりました。

肝心の助産師さんはどの方もとても親切でしたが、私は母乳がなかなか出なかったため1日のほとんどを授乳室ですごしていました。
母乳のでない悩みを一通り聞いてはくれるのですが、ひたすら赤ちゃんに飲ませるしかない。
と言われ痛む体をひきずり、乳首が切れても飲ませ続けていました。母乳マッサージを追加でしてもらえることはありませんでした。

退院後に出産前にお世話になっていた助産院へ駆け込み、母乳マッサージをしてもらうとものの数分で噴水のように噴出し、ほっとすると同時に日赤の助産師さんのケアの悪さに不快感がこみ上げました。

当時はかなり根に持っていましたが、問題なく出産した方の方が少ないという特殊な環境だったので、私へのケアは後回しになっても仕方なかったのだと今ならそう思えます。

助産師さんの人数はとても多く、引継ぎも徹底されているので、誰かに要望等を話しておけば周知されているという状態でした。

そしてそれから3年後に第2子を日赤で出産しました。
幸いなことにNICUのお世話になることはありませんでしたが、NICUがあるというのは私にとってとても心強いものだと思いました。