出産した産婦人科を教えてください。

産婦人科名:国立病院機構高知病院
住所:高知県高知市朝倉西町1-2-25
電話番号:0888443111
サイト:サイトは使用したことがないので分かりません

国立病院機構高知病院産婦人科を選んだ理由を教えてください。

アレルギーを持ってるので、何かあったときのために大きい病院を選びました。生まれてきた赤ちゃんに何かあったときのために念のために全ての科がある方が安心だろうと家族と話し合って決めたことが一番大きいです。

国立病院機構高知病院の定期検診の待ち時間はどれくらいでしたか?

待ち時間:早いときで30分くらい、遅いときで1時間くらい

国立病院機構高知病院の定期検診と出産費用を教えてください。

定期検診の費用:母子手帳や無料券をもらうまでは2000円くらいでした。無料券をもらってからは無料でした。

出産費用:418000円くらいです。

国立病院機構高知病院産婦人科の口コミをお聞かせ下さい。

それなりに大きい病院なので、やっぱり妊婦検診も流れ作業に感じる部分も多かったです。一番楽しみにしていた腹部エコーもパパッと見て終わりって感じでした。

ただ、看護師や医者など何か困ったときの対応はすごく良かったと思います。
妊娠8ヶ月ころに夜中わたしが倒れたことがありましたが、救急で病院にかけつけると快く対応してくれ助かったのを覚えています。『一応次の日に診察にきてね』と言われて病院にいくといつもとは違う医者が子宮口は閉じているか、子宮頚管は短くなってないか、お腹の中の赤ちゃんは元気かなどを診察をしてくれました。

わたしの通っていた産婦人科では曜日によって担当の医者が変わるのですが、いつも対応してくれる医者は子宮口や子宮頚管の長さを診察するとき全く痛くないのに対して、救急でかけつけた日の翌日対応してくれた医者はかなり力が強かったというか、とにかく内診が痛かったです。
その医者も担当患者はたくさんいるのでこればっかりは医者と患者としての相性が関係しているのだと思います。
陣痛がきて病院に行ったときも不安にならないようにだと思いますが、看護師はかなりフレンドリーに優しく笑顔で対応してくれてたように記憶しています。

わたしの陣痛が遠のいたりしてなかなか本陣痛につながらなかったとき、病院側から一時帰宅の指示が出ましたが「一応、内診してほしい」と伝えるとすぐに希望に沿って内診してくれました。

陣痛は遠のいたものの結局お産は8割進んでいるとのことで入院は続行でした。
これから来る本陣痛に少し怯えていることを伝えると大丈夫だからと笑顔で勇気付けてくれたことが一番助けになりました。
お産が終わってからも回診でくる助産師は初めての育児で分からないことだらけのわたしに細かいことも不安なことも、耳を傾けてくれ全て聞いてくれました。

家からは少し遠い病院でしたが2人目ができたらまたその病院でお世話になろうと決めています。