出産した産婦人科を教えてください。

産婦人科名:神戸アドベンチスト病院
住所:兵庫県神戸市北区有野台8-4-1
電話番号:078-981-0161
サイト:http://www.kahns.org/

神戸アドベンチスト病院産婦人科を選んだ理由を教えてください。

やさしい先生が多く、産婦人科もとても有名だったからです。和痛分娩の取り扱いがあり赤ちゃんが4Dエコーでみれることも理由です。自宅からの距離も無理がないのも選んだ理由のうちです。一番の理由は食事で穀物・野菜・果物・大豆・植物性タンパク製品等を中心にしてお肉を食べずに良いことです。

神戸アドベンチスト病院産婦人科の定期検診の待ち時間はどれくらいでしたか?

待ち時間:予約制だったので予約時間からだいたい30分以内です。

神戸アドベンチスト病院産婦人科の定期検診と出産費用を教えてください。

定期検診の費用:神戸市の助成でほとんどが無料でした。自費は3万程度あったかなあというくらいです。

出産費用:一人目のときは48万円。二人目のときは42万円支払いました。

神戸アドベンチスト病院産婦人科の口コミをお聞かせ下さい。

初診や母子手帳が発行されるまでは、予約できないので待ち時間があったりしますが、その後は検診にいく度に次の予約ができるので、予定を立てやすいです。

インターネット上で予約の変更やキャンセルができるのも、とても便利でした。
先生はいつもにこやかで優しく、看護師さんや助産師さんも親身にお話をきいてくれます。

厳しい病院だと体重管理や運動など口うるさくいわれたり怒られたりするそうですが、気をつけようねくらいのやわらかさで私にはとても合っていました。
ストレスのない環境の病院で、初期から臨月まで検診が憂鬱になることがありませんでした。

赤ちゃんが小さいころは白黒のエコー写真を毎回3枚ほどくれます。大きくなってくると写真プリントの4Dエコーを数枚と白黒エコー写真をくれます。
エコーも時間をかけて表情がとれるように見てくれますし、相談事もしっかりきいてもらえました。
検診で疑問を持つこともなく不安もなく、ほんとうに満足のいく検診でした。

いざ陣痛がきて病院についたときは、助産師さんの介助がありたすかりました。
陣痛に苦しんでいると、自分の楽な態勢を一緒に探してくれてバランスボールをかしてくれました。
2人目のときは今にも生まれそうな状態で病院についたら、受付の方が車いすで陣痛室まで連れて行ってくださってうれしかったです。

産後は、産前にいただいていたファイルノートの1ページに担当の助産師さんがお手紙を書いてくれます。
私のがんばりをほめてくださったり、今後もサポートしますと応援してくださったり、いきなり勇気づけられて感動しました。

赤ちゃんとは別室の病院で、4人部屋に入院しましたが、カーテンを常にとじていていいので、個室気分で過ごすことができました。

赤ちゃんのお世話が必要なときは助産師さんが呼びにきてくださるのですが、疲れているとおまかせすることもできてゆっくりすごせました。

病院の一番の特徴は入院中の食事です。魚や肉を取ることがなく植物性のものだけで生活をします。
私はこういった食事が大好きなので毎日特別感がありました。もちろん特別用のお祝い膳というものもあります。

料亭に食べに来たような美しい料理を一緒に出産したみなさんと頂くことができ、楽しい時間が過ごせました。
入院中にお見舞いにきてくれる人と食事をしたいときは申し込めば一緒の食事をとることもできて、休日の主人と一日過ごすこともできました。

入浴はなく、シャワー室を好きな時間に予約して入るのですが、30分と長い時間とってもらえ、ドライヤーも備え付けであります。
タオルも毎日新しいものと交換してくれるので困ることがありません。

私にとって文句のない病院でした。
病院にある菜食レストランのペアチケットのプレゼントがあり入院中に使用することも可能です。

レストラン併設の売店では必要な日用品と一緒に三育フーズの食品の取り扱いもあります。
黒ゴマクリームとにんじんケーキは私の大好物でほんとうにおすすめです。