→妊娠中に⚫︎⚫︎しないとダメなこととは?

産婦人科口コミ.comへようこそ。
このサイトでは、全国のママさんたちにアンケートし、実際に産婦人科で出産した口コミ体験談を集めました!
リアルな口コミをみて、産婦人科選びの参考にしてくださいね♪

関東 : 東京神奈川千葉埼玉群馬茨城栃木

関西 : 大阪京都兵庫奈良滋賀和歌山

中部 : 愛知長野静岡岐阜山梨三重

東北 : 福島宮城岩手秋田山形青森

北陸 : 新潟石川福井富山

中国 : 広島岡山鳥取島根山口

四国 : 香川愛媛徳島高知

九州 : 福岡長崎佐賀大分宮崎熊本鹿児島

北海道沖縄

初めての妊娠となるとわからないことだらけですよね。
妊娠検査薬で陽性がでたら、とりあえず最寄りの産婦人科に駆け込む方が多いのではないでしょうか。

しかし、単に家から近いからだけで選んでしまうと、お産の際に「こんなはずじゃなかった!」とがっかりする人もいます。
お産に失敗しないためにも、自分に合った産婦人科選びのコツをご紹介します。

0:産婦人科の種類

総合病院内にある産婦人科(大学付属病院もこちらに含まれます。)

産婦人科以外にも、いろいろな診療科がそろっていて、ハイリスク出産など、危険が伴う場合は安心です。
医師が多く揃っていて、さまざまなトラブルに対応できる医療設備なども充実しています。

その為、総合病院での出産を希望する場合の選び方のポイントとしては高くなります。
ベット数が、100床以上あります。

小児科や内科が併設されている為、妊婦・胎児に合併症がある場合や、分娩時の緊急対応など、早期に適切な処置を受ける事ができます。

しかし、大きな病院になればなるほど、待ち時間などが長くなり、予約通りの時間には診てもらえない事もあります。
大学付属病院の場合は、研修も兼ねている場合も多く、学生や研修生が分娩や診察に立ち会う事もあります。

産婦人科病院

ベット数が、20床以上あります。

産婦人科医院

ベット数が、20床未満の医療機関です。
どちらも診療科目が、産科・婦人科限定となっています。

医師の人数・医療設備などは、施設によってさまざまです。
総合病院のように医師の数が多くない為、ずっと同じ医師に診察してもらる場合が多いようです。
スタッフとも仲良くなりやすい為、相談などもしやすくなります。

しかし、リスクを伴う妊娠・出産の場合や緊急事態が起こった時など、医療処置が十分にできません。
その場合、提携している総合病院へ緊急搬送となり転院しなければならなくなる事があります。

助産院

助産師の資格を持っている人が、開業している施設を助産院といいます。
ベット数は、10床未満です。

入院・分娩などを行う事ができます。
落ち着いた雰囲気の中で、自分のペースでゆったりと出産に臨む事ができます。

陣痛開始から、ずっと助産師に寄り添ってもらい出産できる点は、助産院での出産を選ぶ、選び方のポイントとして高くなるかもしれませんね。

精神的なフォローもしてもらえ、リラックスした状態で分娩を進める事ができます。
しかし、医師がいない為、医療行為ができません。

助産院での出産は、リスクのない妊娠・出産でないと難しくなります。

分娩時に異常があった場合は、提携している総合病院へ緊急搬送となります。
(きちんと提携している総合病院があるかどうかの確認が事前に必要となります。)

産婦人科の選び方

では、どのような産婦人科を選べばよいのでしょうか?
ここからは、産婦人科の選び方についてまとめてみます。

まずは、リサーチからです。
インターネットや育児雑誌、タウンページなどで探すことができます。
自宅周辺に産婦人科があれば、何かと便利ですし安心ですが、口コミなどの評判も選び方のポイントとしては重要になってきます。
高齢出産や合併症があるなどのハイリスク出産の場合は、緊急時などに速やかに対応できる産婦人科を選んでいた方が安心です。

何個か産婦人科の候補をあげたら、その産婦人科の規模や特徴・費用など、自分の条件とあった施設を選んでいきます。
この場合の選び方ですが、自宅からの距離(もしくは、里帰りする場合は、実家などからの距離)が重要となってきます。

妊娠経過が順調でも、あまり遠方の産婦人科を選ぶと、健診に行くだけで疲れてしまったり、予想よりも早く陣痛が来てしまった時などに間に合わない可能性もあります。

また、先輩ママなど実際に出産を経験された方のお話を参考にする事も選び方としては重要となってきます。
色々な人に話を聞くことで、産婦人科の雰囲気なども掴みやすくなります。

また産婦人科にはいろいろなタイプがあります。
同一規模の施設でも雰囲気はさまざまですし、独自のサービスなどもあったりします。

(家族で一緒に宿泊できる産院もありますし、フレンチをご夫婦で堪能できたりアロママッサージを受けれるなど。)

出産後、母乳育児を推奨している施設もありますし、またミルクメインの施設もあります。
分娩方法や入院する時のお部屋の状態・立ち会い可能かどうかなど、検討する点はいろいろあります。

このような部分も選び方のポイントとしては重要となってきます。

産婦人科の選び方その1:近距離ー中距離の産科を選ぶ

産院はやっぱり家から近い方がよいと思っていませんか?
第1子を出産予定の方の場合、家から近いところで決めてしまうのではなく、1時間以内の病院を視野にいれましょう。

「出産時に陣痛が急に来た場合、病院まで時間がかかったら困る!」と思っているかもしれません。
しかし、初めての出産の場合、大抵陣痛が最大になり、子宮口が最大になるまで非常に時間がかかります。2、3時間で産む方はまれで、大抵数時間ー1日以上かかります。

中には、いったん病院にいっても子宮口が開くまで時間がかかるので、また家に帰される方もいるくらいです。

産婦人科は年々減少しているので、よい病院を見つけようと思えば、ある程度範囲を広げて探した方がよいのです。
毎回の妊婦検診に通う手間と、陣痛〜病院に間に合うことを考慮にいれて、だいたい1時間以内の距離が目安にされるとよいでしょう。

産婦人科の選び方その2:高齢出産やハイリスク出産は大きな病院が吉

最近は35歳以上の高齢出産が増えてきました。第1子の出産で自分は病気などない、と思っていても、若い方の出産とはやはり体力が全然違います。

年齢以外にも、糖尿病、高血圧、子宮筋腫など持病持ちの方はもちろんハイリスク出産になります。

ハイリスク出産の方は、なるべく「地域周産期母子医療センター」などの指定を受けNICUが配備された大きな病院のほうが安全です。

大病院の場合は、クリニックからの紹介状がないとお産を受け付けてくれない場合があります。実際には各病院に確認しましょう。

産婦人科の選び方その3:好きな分娩方法を探そう

出産までまだまだ先・・と思うかもしれませんが、あらかじめどのような分娩スタイルで産みたいのか、下調べをしておくことが大切です。

分娩には昔からのラマーズ法の他、硬膜外麻酔を使った無痛分娩、ソフロロジー分娩、フリースタイル分娩、助産院での分娩などがあります。

分娩方法により出産費用も多少増減します。(無痛分娩ならプラス10万など)
候補の産婦人科が希望する分娩方法を取り扱っているか、下調べをしておきましょう。

ラマーズ法

従来の「ヒッヒッフー」という自然分娩スタイルです。
陣痛の痛みは非常に強いのが特徴で、日本ではこのラマーズ法が主流です。ほとんどの産院が採用しています。

無痛分娩

硬膜外麻酔を利用した、意識がありながら麻酔をして陣痛の痛みを減らして出産する方法です。

帝王切開よりも麻酔の量は少なく、赤ちゃんがでるときにいきむ感覚も多少あるといわれています。
無痛分娩を取り扱っている産科は徐々に増えてきましたが、日本ではまだまだ無痛分娩に対する偏見が強く、海外に比べて普及が進んでいません。

無痛分娩だからといって陣痛の痛みが完全にゼロになるわけではなく、痛みの程度は病院の麻酔の取り入れ方や、個人差にもよります。
また、多くの場合、陣痛促進剤を利用した「計画無痛分娩」を採用しています。

無痛分娩の費用は、自然分娩の費用+5万−15万程度が相場です。
第2子からでないと採用していない病院もあり、無痛分娩の扱いも病院によってかなり異なりますので、あらかじめ問い合わせるとよいでしょう。

ソフロロジー出産

ソフロロジー出産は、腹式呼吸で瞑想・リラックス状態になる練習を妊娠中に何度も取り組み、実際のお産でもリラックスして産む方法です。

陣痛を「嫌なもの」として捉えるのではなく、「赤ちゃんに会える喜び」「赤ちゃんが頑張ってでてこようとしている印」と肯定的に捉えるのが特徴です。

ソフロロジー出産の練習を極めた妊婦さんは、本当にリラックスして産むことができており、陣痛が来ていても「痛みを感じない」「リラックスして産めた」と楽に出産しています。

一方で、ソフロロジー出産がうまくいかなかった妊婦さんは、「陣痛の痛みが壮絶すぎて、腹式呼吸なんて全然できなかった」「練習の意味がなかった」という人もいます。

ソフロロジー出産を取り入れている病院には、単にソフロロジー式のCDを渡して「練習しておいてくださいね」というだけのところや、毎月母親教室でソフロロジーの体験練習を行っている病院など、取り入れ方が様々です。

ソフロロジー出産が成功するかどうかは、妊娠中の妊婦の取り組み方にも左右されるでしょう。

産婦人科の選び方その4:母子同室か、母乳育児か、布おむつ使用か

母乳育児推進か

最近の産婦人科は、ほとんどが母子同室で母乳育児を推進しています。

しかし、入院中に母乳がでなくてもスパルタで母乳を出すように指導される産科か、少しでにくければミルクをあげてOKという産科なのか、チェックしておきましょう。

また、退院後に乳腺炎や母乳がでないためにマッサージを受けることも考えられるため、母乳外来がある産科だと安心です。

布おむつ推進か

赤ちゃんのおむつは紙おむつが主流です. しかし、一部の産院ではレンタルの布おむつを使うところも多いです。

退院後も布おむつで!と考えている方は、入院中も布おむつを使っている産科のほうが、スムーズに移行できるとおもいます。

産婦人科の選び方その5:検診の予約システムは電話?ネット?

ほとんどの方が、出産時の入院設備や部屋、食事が目にいくかとおもいます。 しかし、実際は妊娠中に通う妊婦検診のほうが大変です。
妊婦検診は長時間待たされるのがほとんどで、予約制をとっていても人気の病院は1時間、2時間待ちがザラなのです。

毎回のことですから、待ち時間の長さは要チェックポイントです。
妊婦検診をネットで予約できたり、待ち時間の間、自分が何番目なのかチェックできるシステムを取り入れている産科だと、ストレスが多少減るとおもいます。

産婦人科の選び方その6:入院時の設備環境をチェック

多くの方は、お産の入院時の食事やエステなど豪華な設備に目がいきがちですが、実は全体でみた場合、それほど大きな問題ではありません。

食事がシェフのフルコースだったり、出産後にエステサービスがあったりすることは、それほど必要ではありません。

それよりも、出産後の面会時間や上の子供を病室に連れてきてよいかなどをチェックしておきましょう。

産婦人科の選び方その7:スタッフの雰囲気をチェック

最後は、病院の医師・看護師・助産師・受付などスタッフの働きぶりや雰囲気をみてみましょう。

いくら綺麗で豪華な設備があっても、そこで働く人々によって病院全体の雰囲気は変わります。実際に陣痛で苦しんでいるときに温かい思いやりをもって接してもらいたいですよね。

順調に妊婦検診を受け、快適に出産するためにも、最も大切な「人」に注目しましょう。

産婦人科の選び方その8:里帰り出産の場合

里帰り出産の場合、無事分娩予約取れるまで不安ですよね。
里帰り出産は住んでいる地域以外の場所の病院を探すことになるので大変です。

でも里帰り出産は実家がサポートしてくれるからなんといっても安心感が違います。
母親がそばについていてくれればいつ陣痛が来ても大丈夫です。

しかも里帰り出産は産後も母体の回復が早いです。
余裕をもって育児に専念できます。

そのためにも分娩予約はとっても重要な課題です。
里帰り出産が初めてだとどうやって分娩予約とればいいのかもわかりませんよね。

安心して里帰り出産を迎えるために分娩予約のコツをご紹介したいと思います。

早めに分娩希望の病院を決めること!

お腹が大きくなってから里帰り出産を決めては遅い可能性があります。
早め早めに準備を整えましょう。

産院によっては妊娠12週までに一度診察をしないと分娩予約できないところもあります。
分娩予約の手続き自体は簡単でも急なお産は引き受けない病院は多いです。

私の産院がそうでした。
B5の紙切れ1枚書くだけでしたが分娩予約なしの妊婦は受け入れていませんでした。

あくまで分娩予約をとっている妊婦優先の病院が圧倒的です。
分娩予約の申し込みが遅すぎて断られることだってあるんです。

心拍が確認したら、まず里帰り出産するかどうかを決めましょう。
里帰り出産を決めたらまず里帰り先の病院情報集めです。

里帰り出産の病院に目星がついたら?

まだ妊娠初期だからとマゴマゴしていてはいけません!
里帰り出産を受け入れてくれる病院なら分娩予約をいつしたらいいか確認しましょう。

分娩予約前に補償金や前金が必要な場合があるのでそこも確認しておいたほうがいいですね。
ちなみにわたしの産院は前金はありませんでした。

しかし口コミ等でも分娩準備金とかいろいろな名前で8万円必要とか言われる場合もあります。
また分娩予約前に一度は診察が必要とか紹介状が必要といわれる場合もあります。

ハイリスク出産だと断る病院もありますよ。
バースプラン等があるならそれに合致しているかどうかも聞いておいたほうがいいですね、

まだすぐ分娩予約まではいきませんが知っておいて損はありません。
分娩といってもまだ実感がわかない時期ですが口コミとか調べておくとイメージがわきやすいですよ。

病院選びは口コミって結構参考になる!

ネットや資料だけではなかなか産院の様子はわかりにくいですよね。
担当医が自分と合わなかったら嫌です。

同級生や親に評判を聞いてみるとある程度病院ってわかりますよ。
実際その病院で出産した人の口コミも参考になります。

ぜひお母さんや友人から話を聞いてみてください。
きっと思いもよらない情報が手に入るかもれしれません。

ある程度の情報を集めた後は、最終的には自分とその産婦人科の相性が合うかどうかが選び方の最終ポイントとなります。
どれだけ評判がよくても、自分と合わないと良いお産はできません。

実際に、産婦人科へ足を運び、雰囲気を見てくる事が選び方のポイントとしては大切になってきます。
満足いくお産の為に、自分に合った産婦人科を見つけるようにしましょう。

このサイトでは、全国のママさんたちにアンケートし、実際に産婦人科で出産した口コミ体験談を集めました!
リアルな口コミをみて、産婦人科選びの参考にしてくださいね♪

妊婦に葉酸が必要とよくいわれるとは?



妊娠中は葉酸をとるようにという言葉をよく見かけませんか?

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンです。
血を作る働きに作用するので非妊娠時でも、欠乏すると貧血になりやすくなります。

葉酸は、緑黄色野菜や果物、レバーに多く含まれています。
ほうれん草・イチゴ・アスパラガス・マンゴー・ブロッコリー・モロヘイヤ・うなぎなど。
(調理や長期保存などで酸化すると栄養素が壊れてしまうので、新鮮な生野菜や果物の摂取が勧められています。)
葉酸は熱に弱い為、調理中に50%が分解したり、水溶性の為ゆで汁の中に出てしまうため、調理により失われてしまうとも言われています。

葉酸は体内に留まりにくい為、毎日、摂取する事を勧められています。
(サプリメントなどでの摂取も可能で、1日0.4mg・野菜なら350g程度と言われいます。)
しかし、過剰摂取には要注意です!(1日1mgを越えないように注意しましょう。)
葉酸の過剰摂取により、じんましん・発熱・かゆみ・呼吸障害を起こしたり、ビタミンB12の欠乏を見落とす可能性もあります。

また妊娠している状態での葉酸の過剰摂取により、産まれてきた子供が喘息になるリスクもあると言われています。

妊娠と葉酸の関係

先天性異常に挙げられる二分脊椎症などの神経管閉鎖症の疫学研究が欧米を中心に行われました。
その結果、ビタミンB群の葉酸の摂取により発症のリスクが低減される調査結果がでました。

日本では、平成12年に厚生労働省から正式に妊娠を計画している女性に対して葉酸摂取の必要性についての発表がありました。
妊娠1か月以上前から妊娠3カ月まで葉酸を含め、その他のビタミンなど栄養バランスの取れた食事が必要だと言われています。

実際には、葉酸は妊娠をする前・妊娠をしている時だけではなく、赤ちゃんにとっても重要な栄養素となります。
その為、授乳期間が終わるまで母体に十分な葉酸がることが良いと言われています。

胎児のリスク 二分脊椎症とは?

妊娠をする前・妊娠中に葉酸が不足することで発症リスクの高まる二分脊椎症とは、脊椎骨の形成不全により起こる疾患です。
本来は、脊椎の管の中にある神経が、なんらかの原因で変形し、脊髄や脊椎の外に出てしまう事により起こる神経管閉鎖障害です。

症状は、軽い物から重いものまでさまざまです。
重い物になると、足の麻痺や変形・膀胱や直腸に影響を及ぼし排泄障害を引き起こす事もあります。

また二分脊椎は、水頭症を合併する事も多く報告されています。
脳脊髄液の循環がうまくいかず滞り、脳室に蓄積され、大きく膨らんでしまいます。
この為、脳脊髄液で脳が圧迫され、脳障害を起こしてしまいます。
身体機能に大きなダメージを与えてしまいます。

神経管閉鎖障害を防ぐ為に、妊娠1カ月前以上から妊娠3カ月までは特に葉酸の摂取が推奨されています。
過剰摂取に気を付けつつ、食品やサプリメントで葉酸を摂取するように心がけましょう!

妊娠中は葉酸不足に注意!失敗しない葉酸サプリの選び方

妊娠初期は葉酸が不足しがち。1日推奨摂取量は400μgとされていますが、食べ物で摂取するとなるとほうれん草3株以上も食べないといけません。

そこで、葉酸サプリを摂取する人が多いのですが、量販店の安価な葉酸サプリは危険です!

安いサプリは合成葉酸を使用しており、他の添加物を入れて含有量を水増ししているので、体にきちんと吸収されないのです。
つまり、費用が安い=品質に問題があり、有名メーカーだからといって安心できません。

医師達も、「サプリメントだけは高くても品質の良いものを選ぶべき」と話しています。
赤ちゃんのためにも、高品質の葉酸サプリを選ぶようにしてくださいね。





1位:美的ヌーボプレミアム





美的ヌーボプレミアムを実際に飲んだレビュー記事はこちらです。

美的ヌーボ プレミアムは合成添加物・保存料完全無添加の高品質な葉酸サプリです。

放射能検査も万全で、酸化しないように1袋ごとにパックされ、外出先でも飲みやすくなっています。

葉酸だけでなく、妊娠中に不足しがちな鉄分・ビタミンが高濃度に含まれるので、発達障害や産後うつの予防にも最適です。
さらに業界で唯一DHA・EPAが配合されているので、賢い赤ちゃんに育てたい方にも最適です。

美的ヌーボ プレミアムをおすすめするのは以下のような方です。





2位:ベルタ葉酸サプリ





ベルタ葉酸サプリは胎児の発育に必要な栄養素が全て含まれており、妊活中から夫婦で飲むことができます。

高品質なのに料金がリーズナブルなのが人気の理由で、つわり中でも飲みやすい小さな錠剤です。

ベルタ葉酸サプリを実際に飲んだレビュー記事はこちらです。

ベルタ葉酸サプリをおすすめする人は以下のような方です。




3位:パティ葉酸サプリ



パティ葉酸サプリは100%無添加で13種類の無農薬野菜から作られている葉酸サプリです。

放射能ゼロや無農薬にこだわる方にはこちらがおすすめです。

パティ葉酸サプリをおすすめする人は以下のような方です。






初妊娠の方、発達障害・産後うつを予防したい方へ



何を選んでいいかわからない・・という方へ
合成添加物・保存料完全無添加の
美的ヌーボプレミアムがおすすめです!





ページの先頭へ